今週は、前回ご紹介したレーズン酵母で、元種を作りました。

最初は、酵母エキスを作るだけでも時間がかかるのに、さらに元種作りまで、何日もかけるなんて面倒に感じて、エキスをそのまま使うストレート法でパンを焼いていました。

でも、一度元種作りを覚えると、パン作りの行程の奥深さや楽しさが増したような気がします。

以来、ずっと元種法でパンを焼いています。

元種作りで必要なものは、清潔な瓶か容器、清潔なスプーン、粉、酵母エキス、マスキングテープか輪ゴムです。

粉は強力粉やライ麦粉や全粒粉などで作ることが多いようです。

でも、間違って薄力粉でやってしまったことがありますが、ちゃんと膨らみました。

作り方

①強力粉と酵母エキスを1:1の割合で入れてよく混ぜる。

(今回は40g)

マスキングテープか、輪ゴムで印を付ける。

なんか、写真で見ると汚ならしいですが😅

2倍に膨らむまで室温に置く。

②2倍になったら冷蔵庫に入れ、6~8時間休ませる。

(夜に冷蔵庫に入れたら、次の朝出せばOKですが、忘れててお昼に出しました💦)

③冷蔵庫から出したら、また強力粉と酵母エキスを1:1の割合で入れて、よく混ぜる。

また、マスキングテープで印を付けて、2倍になるまで室温に置く。

(ちなみに、混ぜると膨らんでた元種はしぼみます。)

④2倍になったら、また冷蔵庫へ。

⑤冷蔵庫から出したら、また強力粉と酵母エキスを1:1の割合で加えて混ぜる。

マスキングテープをずらして、2倍になるまで室温に置く。

⑥2倍になったら冷蔵庫に入れて完成!

ちなみに、今回の元種作りは3日かかりました。

粉の量は、容器の大きさに合わせて、2倍に膨らむのを考慮して調整してください。

そうしないと、容器から溢れてしまいます。

酵母ちゃんの元気さは、すごいです!

わたしは、一週間に一度の頻度でパンを焼きますが、一度に70gほどの元種を使うので、一ヶ月くらいで使いきります。

使ったら、また粉と酵母エキスを1:1の割合で足して、2倍になるまで室温に置き、その後冷蔵庫で保管すると、ずっと使い続けることもできるそうですが、わたしは、2,3度は補充しますが、一ヶ月くらいしたら使い切って、また新しく作り直しすようにしています。

今回作った元種ではありませんが、今週は久しぶりに食パンを焼きました。

薄めに切って、卵や野菜をサンドして食べると最高です!

おまけ。

キャットタワーでくつろぐサビ猫うた。

近づくと、クーンクーンと泣きながら

クネクネしてくれる。

猫ってなんでこんなに可愛いんだろうって

毎日のようにしみじみ思わせてくれます。