かまってちゃんのカーテン登り

うたがカーテンを登るのは

気を引きたい時です。

例えば

わたしたちがご飯を食べながらテレビを見ている時や

明け方寝ているわたしたちを起こしたい時

「ニャーニャー」鳴き始めます。

そのままにしていると…

「フニャッ」と怒ったように短く鳴きながら

カーテンを登り、カーテンレールの上へ。

それでも放っておくと

ちょっと可愛い声で「ナーナー」

降りようと思えば自分で降りられるのですが

降りた時の衝撃が大きいので

なるべく人の手を借りたいらしいのです。

 

仕方ないなぁと夫がカーテンレールに手をかけると

肩から背中をつたい、しばらく背中に乗って満足気…

かまって欲しかっただけなんだよね。

おもしろいことに

夫が パソコンに向かって集中している時は

カーテン登りでは気を引けないことを学習したのか

違う手を使ってきます。

ここに登れば

お父さんも 気づいてくれるもん!

うちの子って 空気を読んでる…!

トップへ戻る